メルカリで着物や帯を大量に売りたい場合の注意点

メルカリで着物や帯を大量に売りたい場合の注意点

個人がネットでモノを売るといえばヤフオクの一人勝ち状態でしたが、今はスマホで簡単に出品や落札ができるメルカリの利用者もかなり多いですよね。

 

ちなみに私はヤフオク派ですが・・・。

 

ヤフオクはネットオークションで、メルカリはネットフリマの形式です。

 

若干、売り方やシステムに違いはありますが、ネットでモノを売るとなるとどちらかを利用する方が多いかと思います。

 

メルカリで着物や帯は売れる?売れない?

 

メルカリには、沢山の着物や帯や和装着物などが出品されています。

 

着物のカテゴリの取り扱い数は、浴衣や水着も含まれてますが、10万点以上だそうです。

 

メルカリの特徴は、着物に限らずですが、値段が安い出品物の方が落札される印象です。

 

そして、ヤフオクの場合はオークション形式という事もあり終了間際に白熱する(落札される)傾向があるのですが、メルカリは反対に出品して間もないはじめの頃に勝負が決まるような気がします。

 

メルカリは、フリマ形式なので値段が吊り上がるという事がないのも影響していますが・・・。

 

メルカリで売りたい着物は、価値のある着物ではなくリメイク品として使えるような着物です。

 

もし売りたい着物が高価な着物の場合、ヤフオクや着物リサイクルの専門店を利用した方が良いと思います。

 

ちなみに価値ある着物と言うのは、大島紬や結城紬などの着物に詳しくない人でも聞いた事のある着物、証紙がついてある着物、有名作家が手掛けた着物などです。新品未使用なら尚、高値で取引されるはずです。

 

メルカリは、比較的、安い着物でも売れるのですが、例えば、着物リサイクル店でも買取不可と言われる可能性がある正絹以外の素材、化繊やウールなどやノーブランドの着物など。汚れがあったり柄が昔風だったりでも売れる時は売れます。

 

また、メルカリは、オークション形式ではなくフリマ形式なので自分で価格を設定した後は、その価格は売れるまでそのままか下げることしかできません。値引き交渉もヤフオクよりも頻繁にある印象があります。

 

特に、メルカリで着物を大量に売りたい場合は、設定する金額はきちんと精査する事が大切です。