肌の悩みは20歳を超えてから起きた

子供の頃はこれといってお肌の悩みはありませんでした。少々ほっぺと腕にさめ肌があるくらいで、あとは思春期ニキビを人並みに経験しましたが、それも成長すると共に薄くなって来ていました。

ところが二十歳を過ぎた頃です。急に秋ごろに肌が乾燥し始めたのです。思えばお化粧を学んだ頃だったかもしれません。慣れないお化粧と自己流の手入れ。

(いいえ、まだ若いから大丈夫と手入れらしい手入れをしていなかったかもしれません。)

みるみる乾燥が悪化し粉をふくほどになってしまいました。年ごろの学生だったので人に顔を見られるのが恥ずかしくなり、いつも顔をふせて話をしていました。

市販の化粧水でケアを頑張ってみても全く改善されず泣く泣く皮膚科に行きました。すると処方された保湿剤ですぐに改善。やはり病院てすごいなぁと思ったのでした。

このときから私は何か皮膚トラブルがあると皮膚科に行くことにしています。自己流で改善しようとしてもなかなか改善されないことが多いからです。

学生を卒業し、社会人、専業主婦、二児の母となった私ですが、この間私の肌は目まぐるしく変わりました。特に大きかったのは妊娠出産の影響もあるのでしょうか。三十才を過ぎる頃、今度は敏感肌になってしまいました。

敏感肌が原因で痒みや蕁麻疹、ニキビなど様々な症状が出るのですが、季節の変わり目は必ずといっていいほどそれらの症状が出ます。逆にお肌の状態で季節の移りを実感するほどです。

でも私は信頼する皮膚科と出会えたおかげでもうそれらも怖くなくなりました。皮膚科の治療薬は対処療法ではあるのですが、私にはなくてはならないものです。もちろん身体の中から根本的に体質改善にも努めています。

一番はやはり水分補給。痒みや蕁麻疹にしてもニキビにしてもお肌の乾燥からくるそうなので水分補給は欠かせません。それならお茶には様々な成分が入っているので用途によってハト麦茶、ルイボスティなど使い分けています。

化粧品としたは私は敏感肌なので肌に合うものがなかなかないのですが、現在はアベンヌを使用しています。アベンヌはフランス生まれの化粧品メーカーで、肌に良いとされる温泉水を配合。日本人向けに改良された肌に優しい自然由来の化粧品です。もちろん個人差はあると思いますが、私の肌でも全く刺激を感じませんでした。何種類もラインがあるので季節や肌の状態によって使い分けています。

This entry was posted in コスメについて. Bookmark the permalink.