きものを売るなら着物リサイクルのお店vsブランド買取店

きものを売るなら着物リサイクルのお店vsブランド買取店

成人式や結婚式に呼ばれて何度か着た振袖がタンスの中に眠ったままです。

 

他に祖母から贈られた訪問着、形見分けで頂いた留袖や小紋、付下げ、袋帯や丸帯や名古屋帯などタンスに沢山眠っています。

 

結構な数の着物や帯なのですが、断捨離が流行っている中、少しずつ整理していこうかなぁと考えています。

 

要らなくなった着物はどうしたらいいのでしょうか?

 

不要なきものや帯はどうしたらよいのか?

 

もう使わなくなった着物や帯の行方を考えてみました。

 

「誰かにあげる」「リメイク品をつくる」「処分する」「買取してもらう」「委託販売する」というのが思いつきましたが、この内、即却下となったのが「リメイク品をつくる」です。

 

私は工芸や手芸など不器用なので大の苦手なのです。
その前にミシンも持っていませんし・・・。

 

「誰かにあげる」も洋服ならまだしも着物を貰って嬉しいと感じる人は、多分、私のまわりには誰一人いません。

 

次に「処分する」というのも高い値段で購入した着物や帯を処分するのはバチが当たりそうです。キモノは売る時に価値がだいぶ下がるのは知ってるので、別にお金が欲しいというわけでもないです。

 

となると、「買取してもらう」か「委託販売する」かのどちらかの選択になります。

 

きものを売るなら着物リサイクル店が良い?

 

きものを売るならと考えた場合、セカンドストリートやトレジャーファクトリーなどの総合リサイクルショップや貴金属・ブランド買取店などがあります。

 

しかし、きものを売るならやっぱり着物リサイクルの買取専門店の方が断然おすすめです。

 

着物の買取専門店の人気ベスト5

 

今回、着物リサイクルの買取店舗を探してみたところ沢山ありました。

 

・・・というか、流行りなのか数年前に比べると着物リサイクルショップが増えて来ている気がします。

 

着物のリサイクルを販売しているお店は、殆どきものの買取や委託販売を行っています。

 

有名どころの着物リサイクル店は「たんす屋」「ながもち屋」「かないや」「えちごや」「シンエイ」などあります。それぞれの特徴や買取や委託販売の依頼方法をわかりやすく解説していますので、各ページをご覧になって下さい。

 

不要なきものを売りたいなら買取or委託販売

 

有名作家の上質なきものの場合は、委託販売がおすすめです。

 

着物専門のお店スタッフの方と、販売価格を相談して決めることができます。買取では到底無理な値をつけて売ることができますが、委託販売手数料を事前にチェックすることを忘れずに。

 

委託販売できる着物は、5,000円以上や10,000円以上の販売価格にならないと断られるケースも多々あります。

 

その場合は、着物や帯の買い取りを依頼するしかありません。

 

着物や帯の買取に関してもウールやポリエステルなどはダメで、絹100%のいわゆる正絹と呼ばれるものでないと受け付けてもらえない場合もあります。又、仕立て上がり限定のところも多いですし、シミや汚れが大きく目立つものは買取不可になるケースもあるようです。

 

着物は、買う時と売る時の相場がまるで天と地かのように大幅な差があります。少しでも高く売りたい場合は、着物専門のリサイクル店を利用しましょう。⇒ 最新の人気★着物リサイクル店はコチラ。

 

東京や大阪や京都や福岡、都市でも名古屋や仙台や札幌や神戸などであればまわりに沢山の着物リサイクル店があります。地方在住の方は、きものの宅配査定もあるので是非、利用してみて下さい。

 

TOPリンク集:大きいサイズ 人気服の専門店 すっぽんサプリの美肌効果は嘘!?